CONTENTS

スタッフ紹介

・ 学振特別研究員

 植田 暁
 (うえだ あきら )
中央アジア経済史、歴史GIS研究
略 歴

1984年生まれ、2008年東京大学文学部卒、2011年東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了、2017年同博士課程単位取得退学、博士号(文学)取得。2011年~2014年日本学術振興会特別研究員DC。2017年~同PD。第6回内陸アジア史学会学会賞(2013年)受賞。

論 文

●「帝政ロシア支配期のクルグズの社会経済的変容:フェルガナ州における天水農耕の普及を中心に」『内陸アジア史研究』第28巻、2013年、101~126頁。
●“How did the Nomads Act during the 1916 Revolt in Russian Turkistan?” Journal of Asian Network for GIS-based Historical Studies, Vol. 1 (2013), pp. 33-44.
●“Economic Conditions in the Ferghana Valley during the Critical Years, 1917-1929,” Journal of Asian Network for GIS-based Historical Studies, Vol. 2 (2014), pp. 22-31.
●“XX асрнинг биринчи ярмида Туркистондаги лалмикорлик деҳқончилик ҳақида баъзи мулоҳазалар”, Ўзбекистон Миллий Университети, Марказий Осиё Тарихи, Археологияси ва Этнологиясининг Муаммолари, мавзусидаги мақолалар тўплами, Тошкент, 2015, Б. 373-380.
●「フェルガナ地方における綿花栽培の復興 1917~1929年」『社会経済史学』第82巻2号、2016年、219~240頁。

e-mail

ueda*slav.hokudai.ac.jp 
*を半角アットマークに変えてご連絡ください。

 

 松嵜 英也
 (まつざき ひでや )
分断社会の比較自治、現代モルドヴァ・ウクライナ政治
略 歴

1987年生まれ、2011年上智大学外国語学部ロシア語学科卒、2013年上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻修士課程修了、2016年同博士課程単位取得退学。2013~2016年日本学術振興会特別研究員(DC)、2016~2017年上智大学総合グローバル学部特別研究員、2017年~日本学術振興会特別研究員(PD)。

論 文

●「クリミア自治共和国の再建 (1987-1991)―クリミア・タタール人の帰還運動との関係を中心に」『スラヴ研究』第65号、2017年、近刊。
●「『領域的自治による多民族国家の存続・崩壊』論争を超えて―自治を巡る議論の展開と発展可能性」『コスモポリス』第10号、2016年、51-57頁。
●「モルドヴァにおける沿ドニエストル紛争発生の再検討―『安全保障のジレンマ』を手掛かりに」『上智ヨーロッパ研究』第7号、2016年、3-18頁。
●「『凍結された紛争』という紛争管理―モルドヴァの沿ドニエストル紛争を中心に」『神戸学院経済学論集』第47巻1・2号、2015年、57-76頁。
●「モルドヴァと沿ドニエストルの『共存』の選択―和平交渉の検討をもとに(1992-97)」『ロシア・ユーラシアの経済と社会』、第994号、2015年、17-30頁。
●「ソ連邦の解体と事実上の国家の形成―労働集団合同評議会による沿ドニエストル共和国建設過程の解明」『国際政治』第180号、2015年、87-93頁。

e-mail

hideya05*hotmail.co.jp 
*を半角アットマークに変えてご連絡ください。

 



ページの先頭へ