CONTENTS

スタッフ紹介

・ 学振特別研究員

 

 清沢 紫織
 (きよさわ しおり )
言語政策研究、スラヴ語学、ベラルーシ研究
略 歴

1987年生まれ。2011年筑波大学人文・文化学群人文学類卒業、2014年筑波大学大学院人文社会科学研究科国際地域研究専攻博士前期課程修了、2017年同文芸・言語専攻一貫制博士課程修了。博士(言語学)取得。2013年一般社団法人大学女性協会2013年度国内奨学生、2014-2017年日本学術振興会特別研究員(DC1)、2018年~同研究員(PD)。

共 著

●「現代ベラルーシの社会言語事情:危機に立たされるベラルーシ語」服部倫卓、越野剛(編著)『ベラルーシを知るための50章』明石書店、2017年。

●タッチャーナ・ラムザ、清沢紫織(共著)、臼山利信(監修)

『Спрабуйма!:日本人のためのベラルーシ語入門I』筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター、2016年。

論 文

●「言語の地位計画にみるベラルーシの国家語政策:ベラルーシ語とロシア語の法的地位をめぐって」『言語政策』13号、2017年

●「現代ベラルーシの教育分野における言語政策及び言語状況」『スラヴィアーナ』6号、2014年

●「ベラルーシ語はなぜ危機言語なのか:国勢調査にみるベラルーシ共和国の言語状況」『スラヴィアーナ』4号、2012年

●“Правовой статус белорусского языка как государственного в языковом законодательстве постсоветской Беларуси”, Białoruś w dyskursie naukowym. Lingwistyka, socjologia, politologia, Uniwersytet Warszawski (Warszaw, 2017).

●“Отношение молодежи к белорусскому языку в современной Беларуси: экспериментальное исследование мнения молодежи о передаче белорусского языка между поколениями”, Studia Slavica: Сборник научных трудов молодых филологов (Tallinn, 2016).

●“Проблемы исчезающих языков в Японии: сравнительный анализ языковых ситуаций на островах Рюкю и Республике Беларуси”, Мовні і концептуальні картини світу (Київ, 2013).

e-mail

kiyosawa.shiori*slav.hokudai.ac.jp 
*を半角アットマークに変えてご連絡ください。

ページの先頭へ