CONTENTS

境 界 研 究 2号

 
 
 
 
論 文
境界なき空間
― 時代的事象としてのボロジノ ―
木 村   崇  …………………… 1
占守島・1945年8月 井 澗   裕  …………………… 31
19世紀ロシア文学のヴォルガ表象
― アポロン・グリゴーリエフ『ヴォルガをさかのぼって』を中心に ―
望 月 哲 男 …………………… 65
北極利権問題とデンマーク
―「地理的中立」に基づく外交的リーダーシップをめぐって ―
高 橋 美野梨 …………………… 85
特集:「国境フォーラム in 対馬」から
9.11同時多発テロ以降のカナダ=米国間国境
― カナダからの見解 ―
エマニュエル・ブルネイ=ジェイ
(川久保 文紀 監訳)……………………119
欧州における国境の撤廃と再確定
― デンマーク=スウェーデン国境地域における国際協力 ―
カーステン・ウニギン
(福田 宏 監訳)  ……………………133
研究ノート
ハンガリー産業廃棄物流出事故に見る東欧とEUの境界
― 赤泥の定義をめぐる二重規範 ―
家 田   修 ……………………………149
A. ハルトグラス『領土と民族』より
― ポーランド・シオニズムの一事例 ―
宮 崎   悠 ……………………………173
書 評
森宣雄著『地のなかの革命 ― 沖縄戦後史における存在の解放』 平 井 一 臣 ……………………………189
P. アンドレアス著『国境ゲーム ― 分断化された米墨国境における国境警備』 川久保 文 紀 ……………………………195
山﨑孝史著『政治・空間・場所 ―「政治の地理学」にむけて』 岩 下 明 裕 ……………………………203
Summary
執筆者紹介
  投稿規定 執筆規定
 

ページの先頭へ