サハリン北東部大陸棚の石油・ガス開発と環境V

Copyright (C) 1999 by Slavic Research Center,Hokkaido University.
All rights reserved.



序 文

 サハリン島北東部大陸棚では1999年7月から石油生産が開始されている。しかし、ロシア側の原油流出時対策は依然として不透明のままである。海象条件の厳しいオホーツク海における海洋石油開発はロシアにとって初めての経験であり、加えて防災・防除のインフラ未整備や環境保全に関する二国間・多国間協定が不在であることが、我が国、とりわけ北海道にとって大きな不安材料になっている。

 現在、我々研究チームは、文部省科学研究費基盤研究(A)「サハリン大陸棚石油・天然ガス開発にともなう『環境と開発』に関する学際的研究」(研究代表者村上 隆、課題番号10309002)によって、補助金を得て研究を進めている。

 本報告書はこの研究過程の成果のひとつである。海を隔てて国境を接する二国間の原油流出による環境破壊の問題を検討する場合、当然のことながらすでに先行している地域の経験を学ぶことが第一に重要である。ノルウェーは英国やアラスカに並んで北海での石油、天然ガス開発と油濁防止対策に関する豊かな経験を持っている国である。本研究プロジェクトの分担者である皆川教授はノルウェーにおいて現地調査を行い、危機管理システムを詳細に分析し、この問題に直接関与しているロシアと日本を比較検討した。その内容が本報告書である。海洋環境汚染防止対策では遅れをとっている日本にとってノルウェーの対ロシアとの環境協力の経験は大いに役立つものと思う。

 本報告書がサハリン大陸棚の石油開発にともなう油濁防止対策に貢献できれば幸いである。

平成12年3月
研究代表者  村上 隆
北海道大学スラブ研究センター・教授


次へ