←back

ポスト・シンポジウム・セミナー(その1)

冬期シンポジウムの翌日に、以下の要領で研究会が開かれます。

第1部
科研費研究
「中央アジア・コーカサスにおける経済発展と安定化問題」
(代表者 西村可明一橋大教授)
第2部
科研費研究
「ロシアの世界経済との統合に関する総合的研究」
(代表者 田畑伸一郎北大教授)

関心のある方々の参加を歓迎します。


プログラム

 日時:2003年2月1日(土):9:30〜17:30

  会場:スラブ研究センター大会議室(423号室)


第1部 9:30-13:00
報告1)
Arbakhan Magomedov (Ulyanovsk State Technical Univ.)
"Caspian Pipeline Routes and Political Situations in the Caucasian Relating Countries"
2)
広瀬陽子(慶応大)
「アゼルバイジャンの政治現勢:2002年レフェレンダムの結果と2003年大統領選挙の展望を中心に」
3)
中谷和弘(東京大)
「国際法の観点から見たカスピ海の石油・ガス問題」

第2部 14:30-17:30
報告1)
岡田晃枝(東京大・院)
「トルクメニスタン情勢」
2)
斎藤久美子(和歌山大)
「ロシアにおける国際会計基準への移行について」
3)
Sergei Shashnov (Higher School of Economics, Moscow)
"Saving Behavior of Russian Households"



連絡先:
田畑伸一郎
〒060-0809札幌市北区北9条西7丁目
北海道大学スラブ研究センター
Z 011-706-3797 FAX 011-706-4952
E-mail: shin@slav.hokudai.ac.jp