SRC Home

【MENU】

  • 北海道スラブ研究会とは
  • ニュース
  • 会則
  • 過去の研究セミナー
    (1996年以降)
  • SRC Home

     



    北海道スラブ研究会のお知らせ

    2020年11月5日(木)16:30-18:00

     

    報告者:貞包和寛(東海大学、東京外国語大学非常勤講師)
    題 目:ポーランドの政策とシロンスク問題:多元主義政策によるマイノリティの疎外
    概 要:2005年に成立したポーランドの「マイノリティ法」の問題点を、シロンスク地方を題材に分析していこうと思います。最終的には、マイノリティを保護するための政策が、実際にはマイノリティを疎外するために使用されることがあるという結論を導きます。
    司 会:野町素己(SRC)

    開催方法:Zoomによるオンライン
    参加方法:以下のURLから参加登録をお願いします。
    https://forms.gle/uBsU9iZNwDo81UCX7
    *当日はスラブ・ユーラシア研究センター大会議室から中継します。現地会場での参加を希望される方は下記連絡先までご連絡ください(なお新型コロナウイルス感染症拡大の状況を考慮して、先着10名様までとさせていただきます。ご理解に深謝申し上げます)。
    登録期限:10月30日(金)12:00pm(Zoom・現地参加ともに)

    連絡先:adaisuke*slav.hokudai.ac.jp (*をアットマークに換えて送信してください)


    北海道スラブ研究会のお知らせ

    2020年7月31日(金)18:15-19:45

     

    報告者・題目:

    松下隆志(SRC)「ソローキンの小説から見る未来のロシア像」

    宮崎千穂(SRC)「日本最初の梅毒検査とロシア艦隊」

    Zoomによるオンライン開催(参加登録はこちら)

    登録締切 2020年7月22日(水)まで