リトアニア

Darbo Partija

印刷
政党名 労働党 (DP)
前身ないし結成契機 2003年、実業家のヴィクトル・ウスパスキフ(Viktoras Uspaskich; Виктор Викторович Успасских)を中心に結成された。
分離政党 2006年、一部議員がDPを離党し、Lietuvos piliečių aljansas (LTMAを参照)に合流して Pilietinės demokratijos partija を結成した。なお、同党は2011年に Tautos vienybės sąjunga に名称変更している。
解党および後継政党  
Europartyの所属 European Democratic Party (EDP)
欧州議会での所属会派 Alliance of Liberals and Democrats for Europe (ALDE)
その他の付記事項

*Leiboristų partija (DPの青年部組織による政党)との政党連合 KDP+J に参加 2013年、Leiboristų partija と合併し Darbo partija (leiboristai) を結成(登録上は5月)。同年、KPを併合し名称を Darbo partija に戻した(登録上は11月)。なお、登録上は2013年5月以前と2013年5月から11月、2013年11月以降ですべて別の法人格となっている。