研究員制度

研究コミュニティとの共創・若手研究者の支援

センターでは様々なリソースをもとに国内外の研究者のみなさまが、センターに中長期間、滞在し、研究に集中的に従事する制度を提供します。

  • 外国人研究員

    国際的な共同利用・共同研究の実施のため、海外で活躍する一線の研究者の方々を募集します。


    募集時期:毎年夏・秋頃
    滞在期間:2~10か月程度

  • 客員研究員

    主として国内在住の研究者の方々との共同利用・共同研究を推進するための制度です。公募研究事業との連携や魅力的なテーマのご提案をお待ちします。


    募集時期:毎年1月頃
    滞在期間:12~15日程度
    在外からの応募可

  • 中村・鈴川奨励研究員

    博士課程在籍の大学院生を中心とした若手研究者の共同利用・共同研究を支援するための当センターのユニークな制度です。この制度で成果を出した多くの若手が学界をリードする研究者へと育っています。


    募集時期:毎年4月頃
    滞在期間:年間1~3週間程度

  • 百瀬フェローシップ

    新設予定につき、準備中です。準備が整い次第、情報を公開いたします。


センターに勤務して共同利用・共同研究に従事

センターでは若手研究者の雇用を通じて、共同利用・共同研究を推進する制度を運用しています。

  • 非常勤研究員

    学位(博士号)取得者、ポスドクを対象として年に1-2名、募集していますが、欠員が出た場合には随時の公募となります。センターでの共同研究の研鑽を経て、これまで多くの方がテニュアへと巣立っていきました。公募研究事業とも連携します。


    募集時期:毎年12月頃
    雇用期間:1年 ※但し、1年のみ延長あり

  • 学術研究員

    センターでは外部資金を使って様々な共同研究を進めていますが、共同利用・共同研究拠点のミッションとして、関連する共同研究テーマに関わる若手研究者の公募を広く行っています。


    募集時期:プロジェクトに応じて随時
    雇用期間:原則1年