CONTENTS

スタッフ紹介

・ 助 教

助教の公募情報 

諫早 庸一
(いさはや よういち)
中央ユーラシア前近代史、モンゴル帝国史、科学史
略 歴 1982年生まれ。2005年神戸大学文学部人文学科東洋史専修卒、2007年神戸大学人文学研究科文化動態専攻東洋史分野修士課程修了、2011年東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学、2015年博士(学術)。2008–2009年東京大学国際哲学センター特別研究員、2009–2011年日本学術振興会特別研究員(DC2)、2011–2014年日本学術振興会特別研究員PD(東京大学東洋文化研究所)、2015–2017年ヘブライ大学ERCプロジェクト「モンゴル時代における移動・帝国・文化接触」ポスドク研究員、2018–2019年日本学術振興会特別研究員RPD(立教大学)、2019年北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター助教。
共 著 (with Nathan Sidoli) Thābit ibn Qurra’s Restoration of Euclid’s Data: Text, Translation, Commentary. Cham: Springer, 2018.
論 文

●“Fu Mengzhi: “The Sage of Cathay” in Mongol Iran and Astral Sciences along the Silk Roads.” In Along the Silk Roads in Mongol Eurasia: Generals, Merchants, and Intellectuals, edited by M. Biran, J Brack & F. Fiaschetti, 238–254. Berkeley: University of California Press, 2020.
●“The Mongol Impact on Astronomy: The Differentiation of Astronomy in the Eastern and Western Islamicate World.” In Voices of Three Generations: Essays in Honor of Seyyed Hossein Nasr, edited by M. Faghfoory & K. O'Brien, 333–349. Chicago: Kazi Publications, 2019.
“Sino-Iranica in Pax Mongolica: The Elusive Participation of Syriac-Rite Christians in the Ilkhanid Translation Project.” In Marco Polo and the Silk Road (10th–14th Centuries), edited by Rong X. & Dang B., 341–362. Beijing: Peking University Press, 2019.
●「天文学から見たユーラシアの13世紀~14世紀——文化の軸としてのナスィール・アッディーン・トゥースィー(1201~1274年)——」『史苑』79/2 (2019): 88–114.
(with Nathan Sidoli) “Naṣīr al-Dīn al-Ṭūsī’s Comments on Euclid’s Data.” Historia Mathematica 47 (2019): 87–105.
(with 須賀隆)「『イル・ハン天文便覧』に見える中国暦・ヒジュラ暦換算表の再構――モンゴル帝国期東西天文学交流の再考――」相馬充 & 谷川清隆 (編)『第 5 回「歴史的記録と現代科学」研究会集録』国立天文台, 2019, 252–277.
(with Jyuh Fuh Lin) “Entangled Representation of Heaven: A Chinese Divination Text from a Tenth-Century Dunhuang Fragment (P. 4071).” Historia Scientiarum 26/3 (2017): 153–171.
(with Mitsuaki Endo) “Persian Transcription of Yuan Chinese in the History of China of the Jāmiʿ al-Tawārīkh (Ms. Istanbul, Topkapı Sarayı, Hazine 1654).” The Economic Review 9 (2017): 123–161.
●(with Mitsuaki Endo) “Yuan Phonology as Reflected in Persian Transcription in the Zīj-i Īlkhānī.” The Economic Review 8 (2016): 1–38.
●「科学史とグローバル・ヒストリー――時空間と科学を再考するための問題提起として――」『科学史研究』53 (2014): 99–105.

●“The Tārīkh-i Qitā in the Zīj-i Īlkhānī: the Chinese Calendar in Persian.” SCIAMVS: Sources and Commentaries in Exact Sciences 14 (2013): 149–258. 

●“History and Provenance of the “Chinese” Calendar in the Zīj-i Īlkhānī.Tarikh-e Elm: Iranian Journal for the History of Science 8 (2009): 19–44.

●「ペルシア語文化圏における十二支の年始変容について――ティムール朝十二支考――」『史林』91/3 (2008): 42–73.

e-mail  yoichi.isahaya*slav.hokudai.ac.jp  
 *を半角アットマークに変えてご連絡ください。
関連外部サイト  academia.edu https://hokudai.academia.edu/YoichiIsahaya
 researchmap https://researchmap.jp/yoichi.isahaya/

 

 

・ 特任助教

井上 岳彦
(いのうえ  たけひこ)
中央ユーラシア近現代史、ロシア帝国の仏教政策
略 歴

1979年生まれ。2003年北海道大学文学部人文科学科卒、2005年北海道大学大学院文学研究科歴史地域文化学専攻修士課程修了、2013年同博士後期課程単位取得退学、2014年博士(学術)。2016年日本学術振興会特別研究員PD(東北大学東北アジア研究センター)、2018年大阪教育大学教育学部特任講師、2021年人間文化研究機構総合人間文化研究推進センター研究員兼北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター特任助教。

共編著 ●石濱裕美子、小林亮介、橘誠、井上岳彦(編著) The Resurgence of“Buddhist Government”: Tibetan-Mongolian Relations in the Modern World (Osaka: Union Press, 2019)
論 文

●「ロシアの牧畜民はなぜ魚も好むのか:定住化と生存戦略」シンジルト・地田徹朗編著 『牧畜を人文学する』 名古屋外国語大学出版会、2021年
●“The Evolution of a Buddhist Culture through Russian Media: Kalmyks, Orientalists and Pilgrimages in the Nineteenth and Early Twentieth Centuries,” in 巽由樹子・鶴見太郎編著 Publishing in Tsarist Russia: A History of Print Media from Enlightenment to Revolution. (London: Bloomsbury Academic, 2020).
●「遊牧から漁撈牧畜へ:定住政策下のカルムィク(18世紀後半~19世紀中葉)」 『地域研究』20(1)、2020年
●「新仏教聖地建設の夢:カルムィク人の仏教復興と民族文化復興のあいだ」杉本良男・松尾瑞穂編著 『聖地のポリティクス―ユーラシア地域大国の比較から』 風響社、2019年
●「遊牧指導者の変容する権力:17世紀初め~20世紀初めにおけるカルムィク草原社会」『ロシア史研究』100号、2018年。
●「ダムボ・ウリヤノフ『ブッダの予言』とロシア仏教皇帝像」 『スラヴ研究』63号、2016年。
●「カルムィク人はどのように定住化したのか」楊海英編著『中央ユーラシアにおける牧畜文明の変遷と社会主義』名古屋大学文学研究科比較人文学研究室、2014年。
●「モラヴィア派入植地サレプタ:カルムイク人との交流と宣教師の記録」望月哲男・前田しほ編著 『文化空間としてのヴォルガ』 北海道大学スラブ研究センター、2012年。
●“Transition between Medicine and Orientalism: Medical Treatments of the Kalmyk Buddhist Monks in the Nineteenth Century Russian Empire,” in Evgeny Steiner, ed., Orientalism / Occidentalism: Languages of Culture vs. Languages of Description (Moscow: Sovpadenie, 2012).
●「19世紀カルムィク人僧侶の種痘活動:帝政ロシアの仏教政策と予防医療政策の結節点」 『ロシア史研究』86号、2010年

メールアドレス

 inouetkhk*slav.hokudai.ac.jp  
 *を半角アットマークに変えてご連絡ください。

関連外部サイト  researchmap https://researchmap.jp/7000017881

 

後藤 正憲
(ごとう  まさのり)
文化人類学、ロシア・シベリアの農村文化
略 歴 1969年生まれ。1993年大阪大学人間科学部卒、1995年大阪大学大学院人間科学研究科修士課程修了、2003年同博士課程修了、同年博士(人間科学)。2009年北海道大学スラブ研究センター博士研究員、2011-2015年同助教、2017年スラブ・ユーラシア研究センター特任助教。
共編著

北極の人間と社会―持続的発展の可能性』北海道大学出版会、2020年(田畑伸一郎と共編)

Russia’s Far North: The Contested Energy Frontier. London and New York: Routledge, 2018. Co-edited with Veli-Pekka Tynkkynen, Shinichiro Tabata, Daria Gritsenko.

社会主義的近代化の経験―幸せの実現と疎外』明石 書店、2011年(小長谷有紀と共編)

論 文

●「適応のかたち―サハの在来家畜と環境」『北方人文研究』第14号、2021年、85-102頁。

Economy, society and governance in the Arctic: Overview of ArCS research project in the field of humanities and social sciences (2015–2020). Polar Science. doi.org/10.1016/j.polar.2020.100600(Shinichiro Tabata, Natsuhiko Otsuka, Minori Takahashiと共著)

●「モノと場所の領域化――チュヴァシの在来信仰における空間の位相」『北方人文研究』第9号、2016年、39-57頁。

●「複合する視線――チュヴァシの在来信仰とロシア正教会」塩川伸明・小松久雄・沼野充義・宇山智彦編『ユーラシア世界 第1巻〈東〉と〈西〉』東京大学出版会、2012年、183-206頁。

Demarcation and Recollection of Collectivity in a Chuvash Village, Russia 『国立民族学博物館研究報告』第353号、2011年、527-539頁。 

チュヴァシの口碑におけるヴォルガの表象――歴史の記憶と想像力についての考察 『北方人文研究』第3号、2010年、1-14頁。

Metamorphosis of Gods: A Historical Study on the Traditional Religion of the Chuvash. Acta Slavica Iaponica. XXIV, 2007, pp.144-165.   

e-mail   goto*slav.hokudai.ac.jp  *を半角@に変えてご連絡ください
関連外部サイト  

 


ページの先頭へ